食事と健康

マックナゲットは体に悪い?原材料はなんと30種類も・・・

kamimura22f@gmail.com

ポールサラディノ氏の動画を参考にした記事シリーズ。
今回はマックのチキンナゲットについて。
マックのチキンナゲットはチキンを揚げただけに見えるが、
実はあの中には30種類もの原材料が含まれている・・・。

何をそんなに入れる必要があるのだろうか?
それには大人の事情が色々とありそうだが。
今回はそれらの原材料および添加物についてまとめてみた。

こんにちは。かみむらです。
Xやってますので良かったらフォローお願いします。

かみむらくん (@KamimuraKun)

ブログ村ランキングに参加しています。
応援していただける方は、ロゴをクリックだけしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ナゲットは超加工食品である

ナゲットは超加工食品である、という話から始めたい。

皆さんは”超加工食品”という言葉を聞いたことがあるだろうか?
英語では”Ultra-Processed foods”というらしい。
(ウルトラプロセスフード)

米国糖尿病学会(ADA: American Diabetes Association)によると、
以下のように書いてある。

糖分や塩分、脂肪を多く含む加工済みの食品。保存料などを添加し、常温で保存できたり、日持ちを良くしてある食品

またBBCの記事(What are ultra-processed foods?)によると、

自宅のキッチンでは再現できない食品

とのこと。

超加工食品には、どのような材料が使われているのか、
確認することが難しいという特徴がある。
原材料名の表記はあるものの、本当にすべての添加物を把握することは、
製造者以外困難である。

ナゲットや、ハンバーガー、ポテトなどは超加工食品である。
添加物の詳細を把握することが難しく、
健康上摂取すべきとは言えないような原材料が多く使われている。
それは、保存をよくするためだったり、コストを安くするためだったり。
色々な製造者の都合によって、使用されているものだ。

マックナゲットに入っている原材料

マックナゲットに入っている添加物を以下に整理する。
以下、マクドナルドの公式サイトを参照している。

英語版

White Boneless Chicken, Water, Vegetable Oil (canola Oil, Corn Oil, Soybean Oil, Hydrogenated Soybean Oil), Enriched Flour (bleached Wheat Flour, Niacin, Reduced Iron, Thiamine Mononitrate, Riboflavin, Folic Acid), Bleached Wheat Flour, Yellow Corn Flour, Vegetable Starch (modified Corn, Wheat, Rice, Pea, Corn), Salt, Leavening (baking Soda, Sodium Aluminum Phosphate, Sodium Acid Pyrophosphate, Calcium Lactate, Monocalcium Phosphate), Spices, Yeast Extract, Lemon Juice Solids, Dextrose, Natural Flavors.

日本語版

ホワイトボーンレスチキン, 水, 植物油 (キャノーラ油, コーン油, 大豆油, 水添大豆油), 強化小麦粉 (漂白小麦粉, ナイアシン, 還元鉄, 一硝酸チアミン, リボフラビン, 葉酸), 漂白小麦粉,黄とうもろこし粉、野菜でんぷん(加工とうもろこし、小麦、米、えんどう豆、とうもろこし)、塩、膨張剤(重曹、リン酸アルミニウムナトリウム、酸性ピロリン酸ナトリウム、乳酸カルシウム、リン酸一カルシウム)、香辛料、酵母エキス、固形レモン果汁、デキストロース、ナチュラルフレーバー

確かに、植物油以下から数えると30個の原材料が入っている・・・。

ナゲットって、鶏肉を油で揚げたものに見えるけれど、
マックのチキンナゲットはそんなにシンプルではなさそうだ。

体に悪いであろう添加物のオンパレード

健康に気を使っている方々であれば、
言わずもがな、これほどの添加物が入った食品をとることは避けたいと思うだろう。

ポールサラディノ氏の意見をベースに、
それぞれの添加物について見ていきたいと思う。

4種の植物油

マックナゲットには、4種類の油が含まれているようだ。

コーン油、キャノーラ油、大豆油、水添大豆油

ポールサラディノ氏曰く、基本的に植物油は体に悪いとみている。
またナゲットを揚げる油も、ずっと新鮮な状態で、
高頻度で交換されていることが保証されているわけではない。

漂白された小麦粉

普通の小麦粉ではなく、漂白小麦粉が使用されている。
漂白にはだいたい過酸化ベンゾイルなどが用いられるとのこと。

そもそもなぜ小麦粉を漂白するの?
と疑問に思った方も多いと思う。

一つは、見た目を良くするため。
小麦粉は漂白することで白さが増す。
パンなどは、漂白小麦粉を使った方が見た目が良くなるそうだ。

また、小麦は酸化(熟成)することで、品質が安定するとのこと。
自然に熟成させるためには、倉庫などで保管する必要があるが、
漂白剤を添加すれば、より早く簡単に酸化させることが可能。
長期保存の必要がなくなるんだ。

しかしどうだろう。
漂白された小麦粉を食べたいと思う人はいるのだろうか?
漂白剤って、果たして体内に入れてもいいものだろうか?

保存料:リン酸アルミニウムナトリウム

リン酸アルミニウムナトリウム、という添加物が入っている。
ポールサラディノ氏は、これは保存料だと発言していた。

アルミニウムの過剰摂取は認知症やアルツハイマー病の発症率を上昇させるらしい。

ナゲットソースはぶどう糖果糖液糖と油の塊

極めつけは、ナゲットのソース。
ナゲットのソースこそ、添加物の塊、オンパレードだ。
添加物を食べているといっても過言ではないほどだと思う。

例えばマスタードソースの原材料を見てみると、以下の通り。

マスタード、果糖ぶどう糖液糖、食用植物油脂、醸造酢、卵黄、食塩、でん粉、砂糖、香辛料/増粘多糖類(加工デンプン、キサンタン)、着色料(ターメリック色素、カロチノイド、カラメル)、香料、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、大豆を含む)

マスタードの次に、果糖ぶどう糖液糖、食用植物油脂が続く。
つまり、ほとんど砂糖と油の塊だ。
マスタード味の砂糖と油ともいえる。
しかもこの砂糖は異常に甘い果糖ぶどう糖液糖・・・。

また、BBQソースも見てみよう。

果糖ぶどう糖液糖、トマトペースト、醸造酢、食塩、スパイスミックス、しょうゆ、からし粉、植物油脂/増粘剤(加工デンプン、キサンタン)、香料、カラメル色素、香辛料抽出物、(原材料の一部に小麦を含む)

BBQソースに至っては、最初に果糖ぶどう糖液糖が来ている。
つまりこれは、BBQソース味の砂糖なんだ。

そのほかにも様々な添加物で固められたペースト状のソース・・・。
原材料を詳しく見てみると、以前のように無頓着には食べられないかもしれない。

さいごに

今回は、マックのチキンナゲットについて、その原材料を調査した。
実際に公式HPを見てみたところ、30種類以上の原材料が含まれていることがわかった。

その中には、体に決して良いとは言えない、体に悪いであろう原材料も多く含まれていた。

チキンナゲットに限らず、超加工食品には、
非常に多くの原材料と添加物が含まれているため、食べるときには気を付けたい。

ポールサラディノ氏によると、アメリカ人はカロリーの60%以上をこうした超加工食品から摂取しているという。アメリア人に肥満が多いのはこういうことが原因なのだろう。

日本人は、アメリカほどマックを多用する文化はないけれど、
気を付けなければすぐにアメリカの二の舞を踏むことになるだろう。

参考:ポールサラディノ氏の動画

参考にしたポールサラディノ氏のYoutube動画は上記。

にほんブログ村 健康ブログ 生活改善・生活改善法へ
にほんブログ村

ブログ村ランキングに参加しています。
応援していただける方は、クリックしていただけると励みになります!

ABOUT ME
かみむらくん
かみむらくん
とあるエンジニア
こんにちは。かみむらです。 生活改善やコスパについて考えた記事を投稿していきます。 ■趣味:スマート家電、エッセンシャルオイル、カフェ、効率改善 ■最近読んだ小説:すずめの戸締り(映画は観てない) ■好きな食べ物:ありとあらゆるチーズ ■好きな音楽(アーティスト):アジカン、YOASOBI
記事URLをコピーしました